奥田小由女作品

潮(うしお)

「人形」という概念におさまりきらない、小由女先生の初期作品です。実験的な創作にチャレンジする若き作家の熱い思いが伝わってくるようです。目を凝らせば、何人かの女性の姿が浮かび上がってきます。水の中を漂う海の精でしょうか。

作品情報

制作年:1969(昭和44)年 第1回日展
材質・形状:木・桐粉・胡粉・顔料
サイズ:91.5cm×39.5cm×23.0cm

TOP