斎藤清展 -Modern Realist-

斎藤清展 -Modern Realist-
会期: 2023年2月9日(木)~ 2023年4月9日(日)

日本版画界を代表する画家・斎藤清(1907-1997)。
福島県で誕生した斎藤は、幼少期に北海道に移住、青年期までを過ごします。
絵を描くことが好きで独学で油絵を模索するなど、働きながらも画業への思いを断ち切れず、24歳で本格的に上京し、白日会など団体展に油絵を出品し入選するようになります。
29歳の時に目にした安井曽太郎の版画作品に触発されて自らも版画制作を開始、以来造形版画協会や国画会展などで作品を発表するようになります。
44歳でのサンパウロ・ビエンナーレへの出品、受賞を機にブラジルやアメリカなど海外で高い評価を得るようになり、国内よりも海外の人気が先行、いわば評価の逆輸入という形で、日本国内へ広まって行きました。
様々なモチーフと技法に挑みながら作品を生みだし、日本現代版画界のパイオニアとして活躍、1995年には文化功労者に顕彰されました。1997年に90歳で生涯を閉じますが、その作品群は今なお多くの人々を魅了し続けています。
本展では、作者の初期から晩年までの作品・資料を一堂に展示。日本の伝統表現に西洋の近代造形を取り入れた魅力あふれる作品世界を紹介します。


「斎藤清展 -modern realist-」のチラシを拡大する場合は→「斎藤清展 -modern realist-」

会期

2023年2月9日(木)~2023年4月9日(日)

※会期中の休館日 : 毎週水曜日

 

会場

奥田元宋・小由女美術館 企画展示室

 

開館時間

午前9時30分から午後5時
※3月7日(火)、4月6日(木)は満月のため、開館時間を午後9時まで延長
※入場は閉館時間の30分前まで

 

入場料金

  • 一般 : 1,000(900)円
  • 高校・大学生 : 500(400)円
  • 中学生以下 : 無料

※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料

 

主催

奥田元宋・小由女美術館、中国放送、中国新聞社

 

後援

広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、
FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、
FM東広島89.7MHz、三次ケーブルビジョン、三次市、三次市教育委員会

 

特別協力

やないづ町立斎藤清美術館 渡部久子

写真提供

やないづ町立斎藤清美術館

 

会期中のイベント

〇スペシャルギャラリートーク
日時:3月26日(日) 13時30分~
講師:美術館あーとあい・きさ 館長 松島俊宏氏
場所:奥田元宋・小由女美術館ロビー
※企画展チケットが必要です。

〇ワークショップ「紙版画で作るオリジナル絵ハガキ」
日時:3月19日(日) 11時~ 14時~
講師:当館学芸員
場所:奥田元宋・小由女美術館ロビー
対象:小学生(保護者の同伴が必要です。)
人数:各回5組
申込:
申込奥田元宋・小由女美術館に電話で申込ください。(先着順)電話0824-65-0010

 

 

 

  

令和4年度三次市支援事業
この事業は、三次市の補助金等の支援により実施されています。

 

TOP