過去の特別展
 ギヤマン展−あこがれの輸入ガラスと日本

 江戸時代後期、ヨーロッパから輸入された上質のガラス器は、一般的なガラスを指すビイドロと区別して、ギヤマンと呼ばれました。ギヤマンという言葉は、ポルトガル語のダイアモンドを意味するディアマンティ(Diamante)に由来しています。ダイアモンドのような透明さを持ち、器面にカットがほどこされるなど華麗なきらめきを放つ輸入ガラス器が、日本人を魅了し、この上ない宝物として珍重されたことは、その伝来状況、手厚い収納状態から推しはかることができます。江戸時代後期から明治時代前期にかけて上方、江戸、薩摩などでさかんに行われた手彫り切子は、高価で上質のギヤマンへの憧れから誕生したものにほかなりません。これら日本で製作された切子は輸入品と区別して和製ギヤマンと呼ばれています。

 本展は、桃山から江戸時代、そして明治時代前期に日本にもたらされたヨーロッパ製ガラスの実像に迫り、その日 本への影響にも目を向ける日本で初めての展覧会です。17世紀のヴェネツィア系ガラスから18・19 世紀のオランダ、イギリス、ボヘミアなどの金彩、カットガラス、そしてその影響を受けた和ガラスまで、約180点を通して、ギヤマンの世界を紹介します。


会期
■平成26年9月25日(木) 〜 11月24日(月・振休)
  会期中の休館日:10月9日(木),11月12日(水)


会場
奥田元宋・小由女美術館 企画展示室


開館時間
■9:30 〜 17:00 ※入場は閉館時間の30分前まで
■10月8日(水)、11月7日(金)は開館時間を21:00まで延長


入場料金(常設展+企画展の観覧)
●一般 : 1,000(900)円
●ペアチケット〔一般男女のペアのみ〕 : 1,800円(2名分)
●高校・大学生 : 500(400)円
●中学生以下 : 無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料


イベントなど

◆当館学芸員によるギャラリートーク
  日時 : 9月28日(日),10月12日(日)・26日(日),11月9日(日)・23日(日)
       各日11時より開始 ※展覧会チケットが必要です。

◆ワークショップ【キャンドル&アクセサリー制作】
  日時 : 会期中毎週土曜・日曜日 10時 〜 16時 (受付は15時まで)

  内容 : ジェルキャンドル【参加費:1,400円】
       ビーズアクセサリー【参加費:ブレスレット350円/ストラップ450円】
       レジンアクセサリー【参加費:850円】
  場所 : 3階サブエントランス側ロビー (当日15時までにお申込みください)


◆茶室「待月庵」呈茶開催
  展覧会期中に呈茶サービスを行います(有料)
  ※日程についてはこちらのページをご参照ください(随時更新)

◆満月ロビーコンサート
  10月8日(水)、11月7日(金)
  美術館ロビーにて14:00〜/19:00〜の2回公演を予定
  ※コンサートの鑑賞は無料です

◆満月エクスプレスパック
  10月8日(水)、11月7日(金)
  料金 5,800円 (大人一名様 ※要予約)

   往復バスチケット(広島バスセンター ⇔ 三次バスセンター)、
   館内レストランでのディナー、展覧会チケットなどを含む美術館鑑賞パック。
  ※お申込み・お問い合わせは当館まで


前売券販売所
【広島県内】
福屋八丁堀本店・駅前店 / 天満屋アルパーク店・福山店 /
ひろしま夢ぷらざ / 広島県内の主なゆめタウンとイズミ/
中国自動車道安佐SA(上り)インフォメーション /
中国新聞社読者広報部 / 中国新聞各販売所(取り寄せ)
【三次市内】
サングリーン / CCプラザ


主催
奥田元宋・小由女美術館,中国新聞社,中国放送

後援
広島テレビ,広島ホームテレビ,テレビ新広島,広島エフエム放送,
三次ケーブルビジョン,三次市,三次市教育委員会

協賛
三次ピオーネ生産組合 http://www.miyoshipione.jp

企画協力
特別協力
ガラスの里 http://www.garasunosato.net


〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-genso-sayume art museum All Rights Reserved.